相続・遺言・後見のお悩みなら巣鴨駅徒歩1分の司法書士事務所ワン・ストップ

  • 料金表
  • プロフィール
  • お客様の声
  • 事務所案内
  • ご相談の流れ
  • 経営理念
  • 無料ガイドブック請求
  • 著作・セミナー

相続

相続放棄

マイナスの財産を引き継ぎたくないなら

相続人が、被相続人の財産を引き継ぎたくない場合、財産がプラスだけであれば、遺産分割協議をして、財産を取得しないという内容の協議をすれば、その相続人は財産を引き継ぎません。

しかし、被相続人の財産にマイナスの財産が多くあったり、誰かの保証人になっているような場合、遺産分割協議で引き継がないという内容の協議をしても、何ら効果はありません。
つまり、マイナスの財産や、保証人としての地位は引き継いでしまいます。

そこで、これらを引き継がないために必要なのが、相続放棄の手続です。

相続放棄は、必ず家庭裁判所に対して、相続放棄をしたい旨の申述をすることで行います。(民法938条)
また、この申述は原則として、相続開始後3ヶ月以内にしなければなりません。(ただし、一定の場合には、3ヶ月を経過していても相続放棄ができる場合がありますので、お早めにご相談ください)

必ず相続放棄できるわけではない

ここで注意が必要な点があります。 それは、家庭裁判所に相続放棄をしたい旨の申述をしたとしても、必ずそれが受理されて相続放棄ができるわけではないという点です。

相続放棄が認められるためには、注意すべき点がたくさんあり、それらを知らずに申述してしまうと、大きな不利益が降りかかる恐れがあります。
そもそも相続放棄をするというのは、相続人でなくなるということを意味します。(民法939条)
にもかかわらず、被相続人の財産を処分してしまうような行為をした場合、それは相続を承認したものとみなされて、相続放棄ができなくなるケースもあります。

相続放棄は、すべてのケースが難しいわけではありませんが、相続放棄が認められなかった場合のリスクが非常に大きいので、できる限り専門家にご相談されることをおすすめいたします。

ワン・ストップの相続放棄サービスはこちら

司法書士事務所 ワン・ストップ

ワン・ストップ

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411



ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

ワンストップ代表田村のブログ

チャレンジ25

相続手続きガイドブック 詳しくはこちら

PAGETOP