相続・遺言・後見のお悩みなら巣鴨駅徒歩1分の司法書士事務所ワン・ストップ

  • 料金表
  • プロフィール
  • お客様の声
  • 事務所案内
  • ご相談の流れ
  • 経営理念
  • 無料ガイドブック請求
  • 著作・セミナー

相続

相続人調査

相続登記をするには、その大前提として相続人の調査をする必要があります。相続人の調査は、あらゆる相続手続の第一歩となりますので、できるだけ早い段階から始めましょう。

さて、相続人の調査は、戸籍謄本を取得して行います。
具体的には、被相続人の戸籍謄本を最新のもの(死亡した事実が記載された戸籍)から順に、さかのぼって取得していくのが効率的です。

そもそも、戸籍謄本の取得はどのようにするのでしょうか。

本籍地の役所に請求する

住所地の役所ではないので、被相続人の本籍によっては最寄の役所では取得できません。役所まで直接行ける場合には、窓口で請求方法を聞くこともできますが、本籍地が遠方の場合は、郵送で請求することになります。

郵送請求の方法

郵送請求の場合に必要な情報や書類はおおよそ下記の通りです。

  • 下記必要事項を記載した請求用紙(レポート用紙などでよい)
  • 請求したい戸籍謄本の本籍・筆頭者
  • 請求したい者の氏名・生年月日
  • 請求する戸籍謄本の通数
  • 使用目的・提出先
  • 請求者の住所・氏名・連絡先
    定額小為替

    定額小為替は、郵便局の窓口で購入できますが、小為替1枚につき100円の手数料がかかります。
    戸籍謄本は、最新のもののみ450円で、あとはすべて750円です。取得する通数が確定していないときは、定額小為替を多めに入れておきましょう。

    請求したい者と請求者との関係を証明する書類

    たとえば、被相続人の戸籍を請求する場合、請求者が相続人であることを証明する書類(この場合は戸籍謄本のコピー)を同封しなければなりません。ただし、請求先の役所内の記録で関係がわかる場合には不要です。

    返信用封筒

    必ず切手を貼っておきましょう。多くの場合は90円で足りますが、封筒に赤字で「不足金受取人払い」と書いておけば、返信用の切手代が不足する場合でも、手元に送られてきます。

    本人確認書類

    請求者の運転免許証の写しなど顔写真付のものがよいとされています。

  • 代理で請求する場合は委任状

これらを同封して、本籍地の役所の市民課等(役所によって名称が異なります)宛に送れば、問題がなければ1週間程度で返送されてきます。

届いた戸籍を読み取る

戸籍謄本が届いたら、それを読み取り相続人を調査します。
調査していく過程で、相続関係説明図を作成していくと、その後の手続も効率的になります。

なお、相続関係説明図を作成する際には、既に亡くなっている子供や、養子なども忘れずに記載しておく必要があります。

司法書士事務所 ワン・ストップ

ワン・ストップ

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411



ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

ワンストップ代表田村のブログ

チャレンジ25

相続手続きガイドブック 詳しくはこちら

PAGETOP