相続・遺言・後見のお悩みなら巣鴨駅徒歩1分の司法書士事務所ワン・ストップ

  • 料金表
  • プロフィール
  • お客様の声
  • 事務所案内
  • ご相談の流れ
  • 経営理念
  • 無料ガイドブック請求
  • 著作・セミナー

会社設立

遺言のすすめ

おせっかいかもしれませんが

会社の設立についての項目の中に、「遺言のすすめ」とあると、間違って書かれてあるのかと思われるかもしれませんが、間違いではありません。

ワン・ストップでは、会社を設立される方に、遺言のすすめをしています。

なぜこれから会社を設立しようとしている方に、遺言をすすめるのか。
まだ早いのではないか?縁起が悪い気がする?

とんでもありません。むしろ遺言を書いてみる良いきっかけです。

たとえば、会社の社長であり、筆頭株主にもなる方に、突然の不幸があったらどうなってしまうでしょうか。

会社がない場合は、お金やモノといった財産が、相続人に承継され、それで相続は完結します。
ところが、会社がある場合、一定の対策を講じておかないと、現在の制度では会社は身動きが取れなくなってしまいます。

特に、代表者が株式の大部分を所有している場合では、相続手続が完了するまで、株主総会を開いて決議をすることができなくなってしまいます。
相続手続がスムーズに完了すればまだ良いのですが、相続人間でもめ始めてしまうと、もはや会社の意思決定機能が停止状態にまでなってしまうでしょう。

だからこそ、会社を設立するタイミングをひとつのきっかけに、遺言について本格的に考えてみてはとご提案しているのです。

自分が愛すべき会社だからこそ

これから設立する会社に、情熱・愛情を注がない社長さんはいません。

そうであれば、自分に万が一のことがあった後も、会社は生き続けてほしい、会社が抱えるお客様に迷惑をかけたくない、取引先にも迷惑をかけたくない、がんばってくれている社員にも迷惑をかけたくない、こうした思いを抱く社長さんがいても何ら不思議ではないのです。

もちろん、遺言はひとつの有効なツールであることは間違いありませんが、完璧なツールではありません。
それでも、遺言があったことで、多くの方が救われたというケースは現実に存在します。

また、遺言は何度でも書き直すことができます。
毎回公正証書遺言で作成しなければいけないわけでもありません。自筆証書遺言であれば、形式には十分注意しなければなりませんが、最初のハードルはぐっと下がります。

自筆証書遺言のご相談も承っていますので、お気軽にご相談ください。

ちなみに、ワン・ストップの代表である田村も、設立を機会に遺言を初めて書きました。
今後、年に1回を目途に書き換えていくつもりです。

ワン・ストップを愛しているから、理由はそれだけです。

司法書士事務所 ワン・ストップ

ワン・ストップ

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411



ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

ワンストップ代表田村のブログ

チャレンジ25

相続手続きガイドブック 詳しくはこちら

PAGETOP