相続・遺言・後見のお悩みなら巣鴨駅徒歩1分の司法書士事務所ワン・ストップ

  • 料金表
  • プロフィール
  • お客様の声
  • 事務所案内
  • ご相談の流れ
  • 経営理念
  • 無料ガイドブック請求
  • 著作・セミナー

会社設立

助成金の検討

融資とは異なる助成金

会社を設立するときには、様々な費用がかかります。
定款の認証、会社設立登記等の費用はもちろん、オフィスを借り、備品を揃え、人を雇うとなれば、助成金の存在はありがたい限りです。

そもそも助成金とは、融資とは異なります。融資は利息をつけて返済する必要がありますが、助成金は返済不要です。
もちろん、助成金には要件があり、それらを満たさなければなりませんが、逆に満たすのであれば積極的に活用すべきでしょう。

特に、会社設立時に検討してみる助成金のいくつかを簡単にご紹介します。

1.受給資格者創業支援助成金

この助成金の最大のポイントは、「まだ事業を始めていない」という点です。既に事業を始めている場合には、要件を満たさないので注意が必要です。
一定の要件を満たせば、いわゆる初期投資費用の大部分に対して、200万円を限度して3分の1が助成されます。

2.中小企業基盤人材確保助成金

設立時に利用できる助成金の中では、人気の高い助成金と言えるでしょう。職業安定所を経由しなくてもいい、助成金の額が大きい等の理由が考えられます。

助成金の名前の通り、基盤となる人材を確保するために助成されるのですが、一定のスキルを有し、年収350万円以上の条件で雇用する場合、基盤人材と認められます。

基盤人材と認められれば、1人あたり140万円が助成され、最大5人まで認められます。
また、一般労働者についても、1人あたり30万円が、基盤人材と同数まで認められるため、この助成金を最大限利用すると、その額は850万円にもなります。

300万円以上の経費支出をする等の要件もありますので、事前に検討が必要です。

その他にも、利用できる方の範囲は狭くなりますが、助成金の制度はありますので、設立前に一度検討してみるのも良いでしょう。

司法書士事務所 ワン・ストップ

ワン・ストップ

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411



ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

ワンストップ代表田村のブログ

チャレンジ25

相続手続きガイドブック 詳しくはこちら

PAGETOP