相続・遺言・後見のお悩みなら巣鴨駅徒歩1分の司法書士事務所ワン・ストップ

  • 料金表
  • プロフィール
  • お客様の声
  • 事務所案内
  • ご相談の流れ
  • 経営理念
  • 無料ガイドブック請求
  • 著作・セミナー

遺言

公正証書遺言のすすめ

遺言を作成する際には、「遺言の種類」にもあるように、どの形式の遺言を作成するかを選択することになります。
それぞれの形式により、メリット・デメリットがありますが、ワン・ストップでは公正証書遺言で作成することをおすすめいたします。

偽造・変造が防止できる点はもちろん、執行の段階で、各種手続が簡略化できることも、現実問題としては大きいものがあります。
公正証書遺言を使用した場合の手続の簡略化についてはこちらから。

もっとも、公正証書遺言を作成するには、公証役場の関与が必要になり、作成時に費用が掛かります。
ここでは、その費用についての目安をご紹介します。

公正証書遺言にかかる費用は主に2つ

費用には、大きく分けると、(1)公証役場の費用・(2)専門家の費用の2つが掛かります。

ただし、直接公証役場に行けば、専門家の関与なしに公正証書遺言を作成することもできますが、公証人は、あくまで遺言者の申し出た内容の通りに遺言を作成する立場にあるため、内容が十分でない可能性があります。
遺言を作成する上で検討すべきリスク(税金、手続、感情など)については、やはり専門家にご相談されることをおすすめいたします。

公証役場の費用については、その算定方法が全国一律で決まっています。
遺言作成料として、遺言書に記載する財産の額により手数料が変わります。

財産の価額 手数料
100万円まで 5,000円
200万円まで 7,000円
500万円まで 11,000円
1,000万円まで 17,000円
3,000万円まで 23,000円
5,000万円まで 29,000円
1億円まで 43,000円
※1億円を超える部分について
1億円を超え3億円まで 5,000万円毎に13,000円
3億円を超え10億円まで 5,000万円毎に11,000円
10億円を超える部分 5,000万円毎に8,000円

この基準表を基に、相続または遺贈を受ける人ごとに手数料を計算し、それを合算します。
なお、財産の合計金額が1億円を超えない場合には、遺言加算として11,000円が加算されます。
注意すべきは、「相続または遺贈を受ける人ごとに」手数料を計算し、その合計額が手数料になる点です。

この他に、雑費として紙代や正本・謄本の作成代が加算され、公証人に出張を依頼した場合には、その出張費も加算されます。
ワン・ストップの遺言作成お手伝いサービスはこちらから。

司法書士事務所 ワン・ストップ

ワン・ストップ

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411



ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

ワンストップ代表田村のブログ

チャレンジ25

相続手続きガイドブック 詳しくはこちら

PAGETOP