相続・遺言・後見のお悩みなら巣鴨駅徒歩1分の司法書士事務所ワン・ストップ

  • 料金表
  • プロフィール
  • お客様の声
  • 事務所案内
  • ご相談の流れ
  • 経営理念
  • 無料ガイドブック請求
  • 著作・セミナー

遺言の執行

遺言の執行

遺言者が亡くなった後、無事に遺言が発見されれば、遺言の執行が問題になります。
遺言執行者が指定されている場合は、指定された人が就任を承諾すれば、そのまま遺言執行者が手続を進めていくことになります。

しかし、遺言執行者が就任を承諾しなかった場合は、遺言執行者の指定がないのと同じことになります。そこで、遺言の執行については、相続人が共同して行うか、家庭裁判所に新たな遺言執行者の選任を申し立て、新たな遺言執行者が遺言の執行を行うかを選択します。

遺言執行者の選任申立てについてはこちらから。

なお、各相続人の相続分を指定しているような遺言が発見された場合に、相続人全員の合意があるのであれば、遺言書の内容とは異なる遺産分割協議をして、協議の内容通りに相続手続をすることもできます。

しかし、せっかく遺言がある場合には、その遺言に込められた遺言者の想いを尊重する意味でも、遺言の通りに執行した方がいいという考え方も、しばしば見受けられます。

発見された遺言が、公正証書遺言であれば必要ありませんが、自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合は、家庭裁判所による検認が必要になりますので、速やかに検認を申し立てた後に執行手続を進めていきましょう。

遺言書の検認申立てについてはこちらから。

司法書士事務所 ワン・ストップ

ワン・ストップ

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411



ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

ワンストップ代表田村のブログ

チャレンジ25

相続手続きガイドブック 詳しくはこちら

PAGETOP