相続・遺言・後見のお悩みなら巣鴨駅徒歩1分の司法書士事務所ワン・ストップ

  • 料金表
  • プロフィール
  • お客様の声
  • 事務所案内
  • ご相談の流れ
  • 経営理念
  • 無料ガイドブック請求
  • 著作・セミナー

遺言

遺言の種類

日本における遺言は、すべて民法にその形式が規定されています。
法律上の遺言が効力を持つためには、それらの規定が守られていなければなりません。

まず、大きく2つの種類に分けることができ、具体的には、普通の方式による遺言と特別の方式による遺言です。
このうち、特別の方式による遺言は、文字通り特別な場合にしか当てはまりません。具体的には、以下の4種類となります。

  • 死亡時危急遺言
  • 伝染病隔離者の遺言
  • 在船者の遺言
  • 船舶遭難者の遺言

一方、普通の方式による遺言は、ほとんどの方が書くことができる遺言になります。具体的には、以下の3種類です。

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

自筆証書遺言

遺言者が自筆で書く遺言書です。遺言者が、全文・日付・氏名を自書し、印鑑を押す必要があります。(民法968条)
メリット

費用がかからない、手軽にできる、遺言の内容が他人に漏れない

デメリット

形式の間違いにより無効となるおそれがある、検認が必要、偽造・変造

公正証書遺言

遺言者が、証人2人の立会いがある中で、公証人に対して遺言の内容を伝え、それが公正証書になった遺言です。
厳密には、細かい形式が定められています。(民法969、969条の2)
メリット

形式違反で無効になることがない、検認が不要など執行の手続が簡略化

デメリット

費用がかかる、証人2人が必要、遺言の内容が他人に漏れる

秘密証書遺言

遺言者が、遺言に署名をした上で押印をし、遺言を封じた際に、本文に押したのと同じ印鑑で封印をしておきます。
その後、公証人と証人2人の前に、封がされた遺言を提出し、各自署名押印します。(民法970、972条)
メリット

遺言の存在を明らかにしつつ、内容については秘密にできる

デメリット

形式の間違いにより無効となるおそれがある、紛失、検認が必要

司法書士事務所 ワン・ストップ

ワン・ストップ

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411



ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

ワンストップ代表田村のブログ

チャレンジ25

相続手続きガイドブック 詳しくはこちら

PAGETOP