相続・遺言・後見のお悩みなら巣鴨駅徒歩1分の司法書士事務所ワン・ストップ

  • 料金表
  • プロフィール
  • お客様の声
  • 事務所案内
  • ご相談の流れ
  • 経営理念
  • 無料ガイドブック請求
  • 著作・セミナー

不動産登記

住宅ローンを完済したら

住宅ローンを組む際には、取得した不動産に抵当権(場合によっては根抵当権)が設定されます。

抵当権が設定されると、その不動産の登記簿に、債権額いくらの抵当権として記載されることになります。

このことは、抵当権の債権額分の担保に提供されていることを意味します。
つまり、抵当権が設定されている間、不動産の価値は抵当権の債権額分が除かれることになります。

住宅ローンを完済した場合、設定されていた抵当権を抹消する登記をしなければ、そのまま抵当権は登記簿に残り続けます。
そのため、第三者の目からは、相変わらずその不動産の価値が低いままなのです。

仮に抵当権を抹消せずに放置した場合、どんな弊害が起こるのでしょうか。
最も代表的なのが、不動産を売却できないという事態でしょう。
ライフスタイルの変化等から、長らく住んだ自宅を売却することも往々にしてあるでしょう。そのときに、抵当権を抹消し忘れていたとなると、思わぬ事態が起こり得ます。

当時の金融機関が、そのまま存続していれば、大きな問題はないかもしれませんが、再編等を経ていたりすると、場合によっては、抵当権を抹消するために必要な書類を出してもらうのに大変な手間がかかります。

抹消できるときに抹消しておくのがいちばんであることは、間違いありません。

住宅ローン以外にも、事業資金やその他でのローンを組んだ際に、抵当権や根抵当権が設定された場合にも同じことが言えます。

ローンを完済した場合はもちろんですが、抹消し忘れていた抵当権が発見された場合等も早めに司法書士に相談するなどして、手続をしてしまうようにしましょう。

ワン・ストップの抵当権抹消登記はこちら

司法書士事務所 ワン・ストップ

ワン・ストップ

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411



ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

ワンストップ代表田村のブログ

チャレンジ25

相続手続きガイドブック 詳しくはこちら

PAGETOP