相続・遺言・後見のお悩みなら巣鴨駅徒歩1分の司法書士事務所ワン・ストップ

  • 料金表
  • プロフィール
  • お客様の声
  • 事務所案内
  • ご相談の流れ
  • 経営理念
  • 無料ガイドブック請求
  • 著作・セミナー

不動産登記

権利証

権利証は通称名

権利証という言葉を、多くの方が聞いたことがあるのではないでしょうか。
実はこの「権利証」というのは正式名称ではありません。

平成17年の不動産登記法改正までは、長らく「登記済証」というのが正式名称でした。登記済証が、通称「権利証」と呼ばれ、その名の通り権利を証明する書類として、最も重要であるという認識が広まっていきました。

その後、平成17年以後は、登記済証が「登記識別情報」という名称に変わり、その様式も一変しました。
登記識別情報には、12桁の英数字を組み合わせた、いわば暗証番号が記載されています。
次回、一定の登記を申請する際には、その12桁の暗証番号を、法務局に提供することで、本人からの申請であることの裏付けとなります。

そのため、12桁の暗証番号には、目隠しシールが貼ってあります。
このシールは、一度はがすと、二度とつかなくなるようにできています。
新たに登記識別情報を取得されたときには、このシールをはがすことなく保管するようにしましょう。
また、登記済証のときと同じく、登記識別情報も再発行はできません。たとえ権利者の方の責任ではない理由で紛失したとしてもです。

そもそも、登記識別情報は通知を希望しないことも可能です。
その後に一定の登記をする必要が生じた場合のことを考えると、必ずしもおすすめできる方法とも言えませんが、場合によっては利用を考えても良いかもしれません。

もし紛失してしまったら

権利証を紛失してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。
先ほども簡単に触れましたが、権利証を紛失してしまった場合でも、原則直ちに何かの手続が必要になるわけではありません。
ただし、他人に悪用されるおそれもありますので、効力を失わせる手続をするか検討してみましょう。
いずれにしても、その後一定の登記をする際に、権利証を紛失している場合、特別な手続が必要になります。

現在の制度では、以下の2つの方法があります。

  • 事前通知
  • 資格者代理人等による本人確認

いずれの制度を利用するかについては、申請する登記の内容なども踏まえ、司法書士の判断によることになるでしょう。
ただし、2の資格者代理人等による本人確認においては、司法書士が面談や提示された資料を通して、本人であることを確認したという書類を作成することになるため、通常の登記費用の他に、費用がかかります。
また、司法書士が本人であると確信が持てなかった場合には、作成できないこともあります。

いずれにしても、権利証を紛失すると、余計な手間や費用が発生することはもちろん、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
権利証の保管には、細心の注意が必要です。

司法書士事務所 ワン・ストップ

ワン・ストップ

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル703
TEL:03-5961-6411



ご対応可能エリア

東京都
東京都23区全域
埼玉県
その他、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県の一部

ワンストップ代表田村のブログ

チャレンジ25

相続手続きガイドブック 詳しくはこちら

PAGETOP